好き嫌いの激しい犬へのしつけ

好き嫌いの激しい犬へのしつけ

人間と同じように犬にも好き嫌いの激しい犬がいます。
そんな犬とはどのように付き合っていけばいいのでしょうか。

健康にいいように考えて選んだドッグフードを食べてくれないと、どうすればいいのか途方に暮れてしまいます。
では、なぜ犬が食べないのかを考えてみましょう。
犬は嗅覚の優れた特性を持っています。
味覚よりも、むしろにおいに敏感のため、ドッグフードのにおいが嫌いな可能性があります。
犬が好きなにおいを探ってみるのも一つの方法といえます。

健康上問題のないドッグフードを与えているのであれば、ドッグフードを食べないからといっておやつを代わりに与えるのは避けた方が無難です。
犬は賢い動物なので、食べなければ、違うおいしいものをもらえると思われては、偏食を悪化させる原因になります。
決めたドッグフードを与えたいのであれば、甘やかさない事もしつけの一つです。

次に、犬にとってのアレルギー成分が含まれているものを本能的に避けている場合も考えられます。
ドッグフードを与えた後の様子を注意深く見る必要があります。
下痢やおう吐など異変を感じた場合には、アレルギーの可能性もあります。
医師に相談するなどして、アレルギー物質を特定して対処する必要も出てきます。
偏食が起きる原因も様々考えられますが、ただのわがままではなく、体質の問題の可能性も覚えておくとよいでしょう。

↑go to top