年齢によってドッグフードを選ぶ

年齢によってドッグフードを選ぶ

人間の赤ちゃんも離乳食からはじまり、成長に伴って食事量や、必要な成分は変化していきます。
人間よりも成長が急激な犬は、子犬時期と、老年時期など、年齢によって与えるドッグフードを変える必要があります。

子犬は、生後1年で成犬へと成長します。
子犬の時期に必要な栄養は、大人の犬のほぼ二倍です。
子犬の時期に、栄養が不足してしまうと、骨格や筋肉まで栄養が行き渡らずに形成異常に陥ってしまう可能性もあります。
子犬には、子犬用のドッグフードを与えます。
子犬用のドッグフードは、成犬用よりも、栄養が凝縮されており、成長に必要な成分が多く含まれています。
子犬は胃がまだ小さく、一度に大量に食べられないことから、食事の回数を増やして小分けにして与えると食べやすいでしょう。

逆に7歳を越えたシニア犬には、成犬時と同じドッグフードを同じ量与えていると、運動量が減っていることから、肥満につながってしまいます。
高齢になると、消化器系などの内臓の器官も老化によって衰え始めるので、シニア犬用のドッグフードへと変更する必要があります。
成犬時よりも低カロリーで、食物繊維などが多く含まれたドッグフードを与えると、体への負担も軽減できます。
愛犬の健康を考えたドッグフードを常に与えましょう。

↑go to top