尿結石の犬に与えたいドッグフード

尿結石の犬に与えたいドッグフード

人間と同じように、犬も尿結石になってしまう場合があります。
おしっこが出にくかったり、何度もしたり、おなかが張ったりという症状がでたら、尿結石かも知れません。

尿結石は、一度なってしまうと、何度も繰り返してしまう事の多い病気です。
尿結石に関わる栄養素では、カルシウムや、マグネシウムのミネラルが大きく関わってきます。
犬の体のミネラルバランスを整えて、尿のpHコントロールを促すようなドッグフードが必要になります。
尿路結石から守るためには、抗酸化作用のあるビタミンCを積極的に摂取したり、良質のタンパク質を摂取し腎臓を守るhttp://xn--qckubrc3d4m.ws/13.htmlことが大切です。
ドッグフードと一緒に、新鮮な水もたっぷり与え、尿が濃くならないように気を付けましょう。

尿路結石には、主に二つのタイプがあり、尿が酸性になると、シュウ酸カルシウム結石、尿がアルカリ性になると、ストルバイト結石になります。

ストルバイト結石は、細菌感染によるものが主な原因で、尿がアルカリ性になり、本来溶かして排泄できるマグネシウム、リンなどが結石になってしまいます。
シュウ酸カルシウム結石は、水分不足により、尿が長く体の中にとどまり、本来排泄されるはずのリンやマグネシウムが多すぎて結石化してしまいます。

ミネラルは、多く摂りすぎても、少なすぎても結石の原因になるので、バランスよく配合されたドッグフードを、適量を与える事が重要です。
ドッグフードの変更は徐々にシフトするのがコツです。

↑go to top