良質なドッグフードの判断基準

良質なドッグフードの判断基準

犬は、もともとは肉食の動物です。
人間よりも多くのタンパク質を必要とする体の仕組みになっています。
どういった成分が入っているドッグフードが犬にとって最適なのでしょうか。

まず、ドッグフードのパッケージに表示されている内容成分表をよく確認する必要があります。
多くのドッグフードには、賞味期限を長くするための保存料や、おいしく見せるための食品添加物が入っています。
これらの保存料や添加物は、人間の食用としては使用が認められていないものも存在します。
少量だから健康被害はないと思っていても、毎日与えるものですから体内に蓄積されていきます。
本来体に必要のない化学物質を毎日摂取させているという事になります。

天然由来の酸化防止剤や、無添加のフードであれば、このような心配をする必要がなくなります。
犬の体の事を考えると、病気になって高い治療費を払うか、少し割高であっても、無添加のフードで、健康に過ごしてもらうかという事になります。
無添加のドッグフードの方が長期的にはコストが安くすむ、という考え方もできます。

犬はタンパク質を多く必要とする為、炭水化物よりもタンパク質が多く含まれているものが理想的なドッグフードです。
表示成分には、多く入っている順に表示する決まりがあります。
肉の名前(鶏肉、牛肉、鹿肉等)が一番はじめに記述されているものは、しっかりとタンパク質が入っているものといえます。

↑go to top