人間の食べ物で与えてはいけないもの

人間の食べ物で与えてはいけないもの

犬に与えてはいけない食べ物はたくさんあります。
ドッグフードには、そういった成分は含まれていませんが、ドッグフード以外を犬に与える場合には注意が必要です。
欲しがったからといっても、食べさせると体に悪影響を及ぼす可能性のある食べ物があります。

たこやイカ、甲殻類のカニ、エビなどは、生は特に危険です。
ドッグフードにも、たこやイカが配合されていることはほとんどありません。
特に、生食すると、たこやイカ、甲殻類などの中に含まれる酵素チアミナーゼという成分が、ビタミンB1を分解してしまいます。
嘔吐や、食欲低下などの症状を引き起こしてしまい、悪化すると、神経障害などにも発展してしまいます。
加熱する事によって、酵素チアミナーゼは破壊されてしまいますが、それでも、たこやイカなどは、消化しにくい食べ物なので、与える必要はありません。
間違って少し食べた程度であれば、ほとんどの場合は症状が出にくいですが、危険性は十分覚えておく必要があります。

犬は肉食に近い雑食の動物です。
ドッグフードにも肉を主成分としているものが良いとされています。
しかし、だからといって、生の肉を与える事には危険が伴います。
豚肉を生で与えると、トキソプラズマという寄生虫の心配があります。
体重減少や、下痢や嘔吐、目に障害が出る事もあります。
その他の肉にも、生食で与えると、食中毒の恐れもあります。
肉を与える場合には十分に加熱して与える必要があります。

↑go to top