心臓病の犬に適したドッグフード

心臓病の犬に適したドッグフード

犬も年齢と共に、病気にかかりやすくなります。
中でも高齢の犬に多い病気が心臓病です。
散歩を嫌がったり、咳をしたり、気を失ったりという症状がでたら、心臓病の可能性があります。

心臓病になってしまうと、ほとんどの場合は、進行を遅らせる処置がとられます。
食事療法は、心臓病にとって有効な方法です。
心臓病の犬のドッグフードは、病院で売られているものなどがあります。
どういった違いがあるかというと、塩分が大きく関わってきます。
心臓病にとって、塩分の摂りすぎは、心臓に負担がかかりますので、塩分控えめのドッグフードを与える必要があります。

一般的な総合栄養食のドッグフードは、適切な塩分量が配合されています。
しかし、しつけのご褒美や、おやつとして与えるタイプのドッグフードには、嗜好性を高めるために塩分が多く入っています。
これらのおやつを与えすぎない事が心臓病の予防につながります。

心臓の機能をサポートしてくれる栄養素としては、ビタミン類があります。
心臓病の投薬の効果による利尿作用で、ビタミンやミネラルも多く排出されるので、バランスよくビタミンやミネラルをとることを心がける事も大切です。

↑go to top