ここでsumi-navi.jpは使用できなくなりました。 代わりにsuminavi.comを試してください。

東京の不動産を運用する

東京で不動産を運用することについて

日本は現在少子高齢化に直面しており、不動産の主な買い手となる若年層の人口が相対的に低下しています。また現代は深刻な家余りの時代であり、家やマンションなどの不動産が供給過多になっていることも事実です。

そのため、不動産の価値そのものが目減りしており、日本国内の不動産を対象とする不動産投資は下火になりつつあります。

ですが、大都会東京の場合は少し異なります。富裕層をターゲットとした都内のマンションの価格は今でも増加傾向にあり、国内で不動産を運用するというビジネスモデルはまだ健在です。事実、今年度の都内のマンションの平均価格は上昇傾向にあるというデータが存在します。

上の動画では、オリンピック特需の後には不動産価格減少の見立てがたてられていると解説されていますが、真相は定かではありません。今からでも、不動産投資にチャレンジする価値はあるといえるでしょう。